求人オファー率300%の就労移行支援が知る非公開求人の重要性

こんにちは!
障害者就労移行支援事業所アーネストキャリア永山駅前で施設長をしている水野です。

 

今日は、私たちのような障害を持たれている方々の一般就労を支援している就労移行支援事業所が、利用者の就職活動において重要なポイントである求人情報の集め方について、利用者一人当たりの企業からのオファー率が300%(3社以上の企業から「うちの会社に来て欲しい」と言われてます)以上の私たちアーネストキャリアが、その理由を書きたいと思います。

 

障害者の就職活動でハローワークにだけ頼るのは危険

 

先日のブログ「障害者雇用でハローワークを利用する時の注意点」でも記載しましたが、障害者の就職活動において重要なポジションを占めいるであろうハローワークという存在ですが、その特性を理解し、自分にあった使い方をしなければ、ただただ就活を疲弊させられるだけの存在になってしまいます。

“※「障害者雇用でハローワークを利用する時の注意点」”もご覧ください。

 

多くの就労移行支援事業所では、WordやExcel、コミュニケーション講座や模擬面接はやりますが、本番の就職活動は、利用者本人がハローワークを利用して個人で活動されることが多いようです。

本当は、就労移行支援事業所のスタッフが就職先の開拓からマッチングまでやってくれたら良いのですが、人手が足りないのか現状はそうもいかないようです。

あぁぁ嘆かわしい(涙)

 

それでも、専門窓口があり情報量も多いが書類選考で落とされやすいハローワークを利用し続けるのか…

 

 

ハローワークに頼ることなく、就活に疲弊せずに、効率的且つ希望通りの就職先と出会う方法はないのでしょうか?

 

それは、非公開求人に巡り合えるかどうかです。

 

障害者の就職活動で重要なのは非公開求人と出会うこと

 

そもそも、非公開求人とは何なのか?

 

非公開求人とは、ハローワークや転職サイト、企業ホームページなど、インターネットなどに掲載されていない、非公開の求人情報のこと。

 

ハローワークに情報が出ているということは、多くの人たちの目に触れることになります。企業側としては、多くの就職希望者から問合せがありますので、一見、欲しい人材に出会える可能性も増えるように思えますが、多くの問合せに採用担当者が対応する必要も出てくるので、正直疲れます。

欲しい人材に出会えれば良いのですが、それはそれは長き道のりです…

 

ましてや、障害者雇用枠での求人情報をハローワークに出そうものなら、そもそも社会に出ている障害者雇用枠の求人情報自体が少ないので、なかなか就職先が見つからない多くの障害を持たれた方々から、問合せが殺到するのは目に見えています。

 

ですので、本気で障害を持たれた方々を雇用したいと思っている企業は、問合せだけが多く採用担当者の負担が増えてしまうハローワークや転職サイトには、求人情報は出さない傾向が強いのです。

 

では、障害を持った方々は、どのようにして自分の希望通りの求人情報に出会うのか?

 

そこでポイントになるのが、「非公開求人」なのです。

 

多くの障害者雇用枠の求人情報は表に出ていない

 

社会の求人情報の80%は非公開求人だと言われています。つまり、ハローワークや転職サイトに出ている求人情報は、社会全体の20%にしか過ぎず、求人情報の大半は、人目に触れることなくマッチングが実施されているのです。

 

障害者雇用枠の求人情報も同様で、本気で障害を持たれた方々を採用したいと考えている企業は、採用担当者が疲れてしまうハローワークや転職サイトを使わずに、独自のルートで採用活動をしています。

 

となると、現在の就労移行支援事業所がハローワークに頼った就職支援をしていること自体に疑問を感じませんか?ましてや、非公開求人に出会うチャンスがそもそも少ないであろう利用者自身に就活を任せっきりにしてしまうなど言語道断です!

 

私たち就労移行支援事業所アーネストキャリアでは、非公開求人を多く扱うソフトバンクグループのSBヒューマンキャピタル社との連携で、利用者の方々の希望と企業側の希望を事前に把握し、効率的且つ、質の高いマッチングを実現出来ているので、冒頭にお伝えしたように、サービスを始めて半年経っていないにもかかわらず、利用者一人当たり3社以上の企業からオファーを頂くことが出来ています。

 

もし今までの就労移行支援事業所と同じやり方でハローワークを軸にした就労支援をしていたら、このような状況にはならなかったと思います。

 

一部の就労移行支援事業所では、私たちと同じように非公開求人を開拓し努力されている所もたくさんあるようです。

 

もし、この記事をご覧になられている障害をお持ちの方々で、就活をされているにもかかわらず、書類選考も通らないで疲弊してしまっている方がいらっしゃれば、是非一度、非公開求人を多く取り扱っている就労移行支援事業所をご自身の近くで探してみてください。

 

もしかしたら、書類選考が通らないのは、あなた自信に問題があるのではなく、求人情報に巡り合る仕組み自体に問題があるのかもしれません。

 

今の仕組みから勇気をもって外れてみて、新しい仕組みにチャレンジしてみて下さい。必ずあなたの就職活動の結果が大きく変わりますよ!

 

 

あなたのチャレンジを応援します就労移行支援事業所アーネストキャリア永山駅前
水野

施設見学やお問合せはこちらをクリック