「未来と人生は、自分で決めていいんです」アーネストキャリア代表 水野 聰メッセージ

第1回目のスタッフメッセージはアーネストキャリア永山駅前の施設長でもあり、アーネストキャリアの代表でもある 水野 聰です。

あなたの未来を創るのはあなた自身です

 

■パソコンを勉強して、また仕事をしたい

18年前、私の義父が脳梗塞で倒れ半身麻痺という障がいを持ちました。
義父とは別々に暮らしていましたが、これをきっかけに義父と一緒に住み、妻と介護をすることになったのです。
義父のリハビリのサポートをしたり、車いすを押してみなさんと遠足などの課外授業に参加したり。
私は、高校、大学、社会人とアメフトをやっていたので、体力には自信がありました。
ですから、体格のいい方を車いすに乗せたり、車いすを押したり、とボランティアをすることが増え、福祉の関係者と触れ合う機会がたくさんできました。
ある日のことです。障がいを持った30代の男性の車椅子を押す機会があり、何気ない会話をしていたんです。

私:普段はどのように過ごされているんですか?

男性:実は、パソコンの勉強をすごくしています。パソコンを勉強して、また仕事をしたいと思って。

私は、正直、驚きました。障がいを持った方でも社会復帰できるんだ、仕事ができるんだ、と。

その男性はそれから約1年後に他界してしまうのですが、男性の言葉は私の心の片隅に残っていました。

 

■就労移行支援事業所アーネストキャリアの誕生

一昨年前、義父の介護に携わって16年、義父は他界しました。
さて、これから何をしていこうか、と妻と自分たちの未来を創ることになりました。
義父を通して福祉業界とのご縁ができていたので、義父がお世話になった恩返しができないかなという思いもあり、福祉業界で何か自分たちができることがないかを考えたんです。
その時に「パソコンを勉強して、また仕事をしたい」という男性の言葉が、はっきりと思い起こされました。
障がい者でもパソコンを使えれば仕事ができ、社会復帰できる。
そんな機会を作り出すことができないか。

自分の過去の様々なネットワークを使って調べました。
すると、就労移行支援という事業があることを知りました。
もしかしたら、こういう事業をやることで一人でも多くの方が社会に復帰できる場がつくれるんじゃないか。

どのように事業を立ち上げたらよいのか、
どのような内容の事業にしたらよいのか、
どのような人材を社会が求めているのか、

事業をやっている人や様々な方々に話を聞き、準備をし、就労移行支援事業所アーネストキャリアが生まれたのです。

 

■自分の人生は自分で決めていいんです

アーネストキャリアの理念は「あらゆる人たちに選択できる機会を創造する」です。
私は、〇〇だから△△、と枠にはめられて決められてしまうことにとっても違和感があります。

障がい者だから、社会復帰はできない。
障がい者だから、国の生活保護の中でしか生きられない。

障がいによっては社会復帰できないこともありますし、生活保護を受けることも必要です。
でも、生き方はそれだけではありません。

障がいはあるけれど、
アスリートになる、
女優になる、
デザイナーになる、
ショップやカフェの店員になる、
自分らしく楽しく仕事をする、

自分自身で自分の人生を選択していいんです。

それなのに、障がい者だからこう生きなくちゃいけない、と決めつけられてしまうケースがとても多いように感じるんですよね。
それが、非常に悔しい。
だから、私たちアーネストキャリアは「IT・Web関連スキルで仕事をする」という、あなたが生きていくための選択肢の1つを作りたいと思っているのです。

 

■なぜアーネストキャリアはIT・Web関連スキルに特化しているのか

ご存知の通り、現代はIT時代。IT・Web関連スキルがある人材を多くの企業が求めている一方で人材が不足している現状があります。

アーネストキャリアで身につけることができるのは、健常者同等、いや、もしかしたらそれ以上のIT・Web関連スキルです。

なぜ、健常者以上と言えるのか。

それは、特に発達障がいの方はプログラミングの能力が高い傾向があるからです。
アーネストキャリアの誕生から1年が立ち、学んでいるみなさんの能力の高さを目の当たりにしました。また、Web制作業界の方々からも、プログラマーには発達障がいの方が多くいることも聞いています。

すでにプログラミングに興味がある方はもちろんですが、まだ興味がない方もぜひ一度体験して欲しいと思います。
あなたの中でその能力がまだ眠っている可能性が大いにあるからです。
実際に、もともとプログラムに興味がないまったくの初心者の方が、あっという間に習熟し、高い水準で企業のサイト構築やカスタマイズが簡単にできるようになったケースもあるんです

 

■なぜアーネストキャリアでは仕事ができるほどのIT・Web関連スキルが身に着くのか

アーネストキャリアでの学びは、完全に個別対応。一人ひとりの習熟度に合わせて丁寧に学んでいきます。チャットワークを活用した全国の実務経験を持ったママさん講師とリアルタイムの個別講座で、他の多くの就労移行支援事業所で行われているような集団でのグループワークを通じた講座とは一線を画し、他の人のペースに合わせる必要がなく、自分の学びたいことを学びたいタイミングで学べる仕組みを構築しています。
また、SBヒューマンキャピタル株式会社とタッグを組んで、学んだ後の就職・就労までしっかりサポートしています。
私たちは、IT・Web関連スキルを身に着けその先の就労まできちんと一つのストーリーとして考えているのです。

 

■アーネストキャリアで何ができるようになるのか

初心者でもIT・Web関連スキルを身に着け、企業が欲しい人材となり、社会に貢献しながら働くことができるようになる。
そして、自分で選択し自分で思い描く人生を生きていく、そんなチャンスを掴めるのがアーネストキャリアなのです。

 

■まずは、就労移行支援事業所選びから始めてみませんか?

「就労移行支援事業所」と言っても、内容はいろいろです。

一般的なビジネススキルを学ぶところ
コミュニケーション能力を高めるところ
販売員としてのスキルを身に着けるところ

ぜひ、あなたがどのように生きたいのか、どんな仕事をしたいのか、どんな夢を実現させたいのか、そんなことを考えて、数ある就労支援事業所の中から、自分で「ここだ」というところを選んでほしい。

まずは、そこから。
でも、その一歩は、これからあなたの人生を自分で創っていく大きな一歩だと思います。

 

■あなたの可能性を信じてください

あなたには可能性があります。
何をするのか、どう生きるのか。自分で決めるからこそ、あなたは光り輝き、エネルギーが湧き出てくる。あなたの人生は、家族や友人、医者、福祉スタッフが決めるものではありません。あなた自身が決めるものなんです。
大事なのは、「自分には可能性があるんだ。やろうと思えば何でもできるんだ」と本気で思い、やってみること。
「私には障がいがあるから、この選択しかない」ということは絶対にありません。
もしかしたら、今まで自分は不十分な存在だと思っていたかもしれないけれど、実は、あなたは計り知れないほど可能性に満ち溢れた存在だということに気づいてほしい。

 

■人生はトライ&エラーの繰り返し

もし、今、自分は何がしたいのか、何ができるのかわからないのであれば、いろいろなことを試してみればいい。
一つ何かに取り組んでみることで気づくことは多いと思います。
やってみて、「あ、自分には向いていないな」と知って、止めることも大事です。
自分で止めることを選択する。それも大きな価値だと思います。

たとえば、アーネストキャリアに来てみて、自分に合っていないとわかる。
私たちは大歓迎です。
あなたが自分の人生を自分で選択していること、それ自体が素晴らしいことだと私は思うからです。

人生ってそんなことの繰り返しのような気がするんですね。
「これは違う。あ、これだったかも」と、トライしてエラーして、どんどん繰り返す。そして、多くの選択肢の中から自分で選び自分の人生を切り開いてく。

だから、アーネストキャリアは、あなたがトライできる場を作りたいし、ぜひトライしてほしい。

 

■やったもの勝ち

自分の夢は思い描けても、そこに飛び込むのは怖いという恐れは、なぜか人間にはつきまといます。うまくいかなかったらどうしよう、大変そうだな、自分には向いていないかも。
私の経験から言えば、人間ってやろうと思えば何でもできるんですよ。
私は、高校、大学、社会人とアメフトをやっていました。埼玉の片田舎出身の私が、アメフトで日本一に3回なり、日本代表の選手にもなりました。
バブル崩壊で大手企業が軒並み新卒採用を減らし、就職氷河期となった時にも、第一志望の企業に採用が決まりました。
「水野さんだからできたんでしょ」と言われますが、それは違う。
振り返ってみると、「できる」と思って「選択」してやるべきことを本気でやってきた、ただそれだけです。
できないという人は、「なんでもできる」という自分の可能性に自分自身がビビっているだけだと思うんです。
何でもできるんだから、怖がらず、勇気を持ってトライしてみる。
その勇気さえあれば、あなたの可能性はどんどん開花していくと思います。
頭で考えて怖がるのではなく、行動してみる。
人生、やったもの勝ちなんです。

 

■誰にでも可能性がある

自分の可能性を信じるかどうか。
これって、障がい者だけの話ではありません。
誰にでもあてはまること。今、自分の可能性に気づかず、誰かが敷いたレールの上をただ進むだけの人生を送っている人たちがたくさんいます。
それでいいのかな?って思うんです。

自分は何者で、どんなことをしたくて、どのように生きていきたいのか。
そこに気づき自分で人生を創りあげていくことは、慣れないこともあるだろうけれど、すごく価値のあることで、真に「生きている」状態だと思うんです

そこに気づけた人がどれだけ増えるかで、たぶん日本って変わっていくんだろうなって思っていて、社会をより良い方向に変えてゆく一旦を担えたらいいな、その機会を創れたらいいな、と思っています。

私は、アーネストキャリアの事業を通して、「すべての人が可能性に満ち溢れた存在である」ことを、多摩、日本、世界へ広めていきたいと本気で思っています。
世界中、70億人が同じような悩みを抱えているはずだから。

ぜひ、あなたも、あなた自身が可能性に満ち溢れた存在であることを、証明してください。

アーネストキャリアはそれを証明できる機会の一つとして、あなたを待っています。

 

▼お問い合わせはこちら【株式会社アーネスト】
〒106-0032東京都港区六本木2-4-5六本木Dスクエア8階
TEL:03-5946-8995(平日9:30~18:30)
お問い合わせフォームはこちら

 

▼新規オープンのお知らせ

今までの東京多摩市に加え、新たに3事業所(東京八王子、横浜関内、福岡中洲)が増えました。

アーネストキャリア永山駅前:東京都多摩市永山1-5ベルブ永山605号室
アーネストキャリア八王子:東京都八王子市横山町6-9丸多屋ビル2階
アーネストキャリア横浜関内駅前:神奈川県横浜市中区不老町2-9-2DPM不老町ビル201号室
アーネストキャリア福岡中洲川端駅前:福岡県福岡市博多区古門戸町2-4KSコモンドビル502号室